So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

本文紙 [製本・豆本]

和綴じの本文紙についてどれがいいか悩んでいます。

もともと和綴じを習っていたときには越前の手漉き和紙を先生から購入して作っていました。
しかし、なかなか購入できなくなったので(車でないと行けない場所なのです)、この4月からはアワガミファクトリーの「新いんべ70kg」の「しんじゅ」という紙を使っていました。
新いんべもいい紙なのですが、私の想像する和綴じ本の本文紙にしては硬いイメージがありました。
そこで実験!

20161201c01.png

ほぼ同じ大きさの和綴じ本を作って目玉クリップでしなり具合を見てみました。
左から先生の手漉き和紙、新いんべ、奉書紙60kgです。

20161201dのコピー.png

2枚目の画像、右はこのあいだ古本市で見つけた小さな本です。
たぶん、あの時代の本ですから漉き返しの紙だと思われます。へにょへにょっと柔らかく曲がります。
この曲り方はないなーと思っていたら、いつもいろんなことを教えてくださるYさんがまた素晴らしい紙を教えてくださいました。
株式会社オオウエから販売されている「ボールペンで書ける和紙」シリーズです。
和綴じノートにするならボールペンで書けるというのもポイント高しです!

20161201e.png

同様に比べてみた画像がこちら。
2種類とも「ボールペンで書ける和紙」シリーズですが左から「しっかり」と「なめらか」です。
もう一種類の「ふんわり」だけは目の方向がちがっていたので比較の対象にはなりません。そもそも本にできないのですが無理矢理仕立ててみました。ちゃんと目方向あわせて作ればしっかりよりしなやかに曲がるはずと思われる感触です。(2枚目の画像左側)

第3回ひらばマルシェに参加します! [イベント]

atelier ROSE & SATYとして第3回ひらばマルシェに参加します!
豆本イベントやOliveさんが一箱古本市などに参加してきましたが、パッチワーク部門のクラフトマーケットへの参加は初めてです。ちょっとドキドキしています!
お近くの方はどうぞお運びくださいませ。

atelier ROSE & SATY
和綴じノートや豆本、リバティ布を使ったパッチワークや小物、くるみボタンなどを販売します!

日時 2016年11月13日(日)10〜16時
場所:ひらば
〒573-0057 大阪府枚方市堤町10-24 鍵屋別館4階

※屋内なので雨天決行!
※当日、少し離れていますが五六市の開催も予定されています。
※会場は4階です。エレベーターなどはありません。階段気をつけて上ってください。

KCCチャリティー文化祭 [作品展]

20161029.jpg

神戸新聞カルチャーセンターの文化祭が開かれます。
うちの教室も舞子の「ブックバインディング~手製本入門」と三宮の「手作り和綴じ製本」を同じブースで出品します。(出品は手作り「和綴じ製本」の名前です)
他にもいろんな教室の展示や発表会が行われます。秋の一日、ぜひご覧ください。

日時:2016年10月30日(日) 10:30~16:30
場所:三宮KCC JR三ノ宮駅南 ミント神戸17階

第53回 仏教美術展 [作品展]

161027.jpg

第53回 仏教美術展今日から始まりました。
会期は短いですが、たくさんの仏様です。
日頃、お寺の本堂などでそう明るいと言えない照明の下、それもかなり離れてしか目にすることない仏像です。
それが、このときは息のかかりそうな距離で細かな截金のご荘厳まで拝見できます。
他の方の作品を拝見した後だと自分の未熟さをしみじみと痛感します。細かさがちがいます~~!

日  時:10月27日(木)~10月30日(日)
10月27日 午後 4時~午後 6時
10月28日~30日 午前10時~午後 6時(最終日は午後5時閉場)
場  所:京都府 京都文化博物館 5・6階
京都府京都市中京区高倉通三条上る東片町623-1
TEL /075-222-0888
入場料:無料


手のひらの恋 豆本展 [作品展]

手のひらの恋 豆本展に参加中です!

2016年10月1日~10月31日
Box Gallery Make Merry! -for the creator- (ボックスギャラリー メイクメリー)
営業時間:11時30分~18時
定休日:毎週火曜日・第二・第四 日曜日
住所:香川県高松市南新町6-4 第二池田屋ビル2階東側(お隣は、和処 NOGOさん、下は床屋のハマノさん)
TEL 087-835-5818

詳しい様子はこちらをクリックしてください。

今回のテーマは「手のひらの恋」です。恋に縁のない私はこんなの出してます。

20161014b.jpg

燐寸箱豆本「和菓子に恋して」。花より団子です。
タグ:豆本

ジオラマ 坪庭 [ジオラマ]

8月には久しぶりにジオラマが一つ完成しました。

20160906a.jpg

巾11.7cm、高さ11.7cm、奥行き9.7cmの100均で買った白木の箱です。和綴じの豆本を展示するのに作りました。

20160906b.jpg

20160906c.jpg

箱の側面には朝顔を描きました。

おかやま いまなんどき 豆本どき!2016 [イベント]

20160809a.jpg

おかやま いまなんどき 豆本どき!2016

いよいよ今週金曜日からです!
日時 2016年8月12日(金)~8月21日(日)
 11:00~18:00(最終日~17:00) 16日(火)休廊
場所 art space テトラヘドロン
 岡山市北区表町1丁目9-44 アイウェア カイロス2F

atelier ROSE & SATYで参加しています。

今回の新作をちょっと紹介

20160809b.jpg
和綴じ豆本「和のお菓子」は1月からあれやこれや作ってきた作品です。結局、この大きさに落ち着きました。

20160809c.jpg
中身はこんな感じです。

面取り [製本・豆本]

面取り、料理で大根の煮物などで煮崩れしないようにあらかじめ角を切り落としておくことです。辞書を引いてみると角材などの例も載っていました。製本の場面でもよくこの面取りをします。

20160804a.jpg

切っただけのボール紙は切り口が立っています。このまま紙を被せて表紙を作ると一番すれる表紙の端が立っているわけです。まずそこから破れてきます。それで面取り。ほんの一手間が本を長持ちさせます。

20160804b.jpg

革でオンレイをするときにも面取りをします。これは革やデザインによってはしないこともあります。オンレイとは革の上に革を貼る技法のことです。ここで面取りをするとひっかかりが少なくなり、はがれにくくなります。これも一手間で本を長持ちさせることになります。

一手間、一手間の積み重ねで本は完成に近づいていきます。

道具を作る [手仕事]

新しい道具というのはどうしてこう楽しいのでしょうか。

20160724a.jpg

今回作った道具は「スタンピングリーフ用アイロン台」です。スタンピングリーフという熱転写で金箔を貼る素材があります。それ専用のアイロン台を作りました。作りましたと言うほどのこともなく古いお菓子の板に緩衝材をのせて表に紙を貼っただけです。表面を紙にしたのとマスキングテープでとめたのは汚れたらすぐに取り替えようと考えているから。

20160724b.jpg

裏から見るとこんな感じです。この板に穴がたくさんあいているのは目打ち台として長年活躍してきたからです。

20160724c.jpg

そのアイロン台を使って作ったうちのロゴです。金色ぴかぴかー!

20160724d.jpg

道具を作ると言うことで今回、調整した竹べらです。道具というものは最後は使う人間が調整するものだと思うのです。道具だけは着々と一人前の職人になってきます。その道具を使っていろいろ生み出していかねば!

くるみ製本 [製本・豆本]

20160719.jpg

I jointed the contents and covers.

情けないことにくるみ製本の本文と表紙をジョイントする作業は今でも緊張します。
ここまで綴じてきた本文と手をかけて作ってきた表紙をあわせるのですが、糊の作業なのでやり直しが困難です。つまり一発勝負です。

糊は端まできちっと塗れていなくてはいけませんが多すぎてもいけません。
「塗り残しない? 塗り残しない。 塗り残しない!」

糊の固まったものや刷毛の毛などのゴミがあってもいけません。
「ゴミない? ゴミない。 ゴミない!」

しかも素早く…そして、チリは三方同じくらいに
「曲がってない? 曲がってない。 まっすぐ!」

シワなくゆがみなくきちんと貼れていないといけません。
「シワになってない? シワない。 シワない!」

もちろん口に出してはいません。が、心の中では叫び続けています。

「伸びてる? 伸びてる。 伸びてる!」 
紙は濡れると伸びるのです。そして乾くと縮むのです。

プレス機で一旦しめるときちんと本になって出てきます。
心の中の叫びは「おー」という達成感に満ちたものになります。
そして数日後、糊も乾いて落ち着くと本の出来上がりです。



前の10件 | -