So-net無料ブログ作成

本文紙 [製本・豆本]

和綴じの本文紙についてどれがいいか悩んでいます。

もともと和綴じを習っていたときには越前の手漉き和紙を先生から購入して作っていました。
しかし、なかなか購入できなくなったので(車でないと行けない場所なのです)、この4月からはアワガミファクトリーの「新いんべ70kg」の「しんじゅ」という紙を使っていました。
新いんべもいい紙なのですが、私の想像する和綴じ本の本文紙にしては硬いイメージがありました。
そこで実験!

20161201c01.png

ほぼ同じ大きさの和綴じ本を作って目玉クリップでしなり具合を見てみました。
左から先生の手漉き和紙、新いんべ、奉書紙60kgです。

20161201dのコピー.png

2枚目の画像、右はこのあいだ古本市で見つけた小さな本です。
たぶん、あの時代の本ですから漉き返しの紙だと思われます。へにょへにょっと柔らかく曲がります。
この曲り方はないなーと思っていたら、いつもいろんなことを教えてくださるYさんがまた素晴らしい紙を教えてくださいました。
株式会社オオウエから販売されている「ボールペンで書ける和紙」シリーズです。
和綴じノートにするならボールペンで書けるというのもポイント高しです!

20161201e.png

同様に比べてみた画像がこちら。
2種類とも「ボールペンで書ける和紙」シリーズですが左から「しっかり」と「なめらか」です。
もう一種類の「ふんわり」だけは目の方向がちがっていたので比較の対象にはなりません。そもそも本にできないのですが無理矢理仕立ててみました。ちゃんと目方向あわせて作ればしっかりよりしなやかに曲がるはずと思われる感触です。(2枚目の画像左側)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。