So-net無料ブログ作成

天金 [製本・豆本]

20140115.jpg

火曜日に先生のアトリエで天金をしました。
「天金」とは本の上の部分に金箔を貼ることです。埃や湿気が本の紙に入るのを防ぐために行われます。
今回は革装にする予定の5冊をしました。

画像のはその中でも一番きれいにできたものです。
金は本金の金箔です。貼る前は息をしただけでもそばを通っただけでもふわっと浮き上がってしまうので注意が必要です。

製本道具 [製本・豆本]

20140119.jpg

ご縁があって、ある方から紙箪笥とプレス機をいただきました。
どちらも古い物ですが、これまで大事に使われてきた道具だと思います。
私も大切に使って、いずれ誰かに手渡せればうれしいな。

お正月消しゴムはんこ! [手仕事]

20140106.jpg

初詣に下鴨神社に行ってきました。
お土産にふたばの豆大福を買って帰ろうともうのどまであんこの気分でしたが、残念、ふたばのお餅屋さんはまだお正月休みでした。今年は八日から営業と書いてありました。
しかたなくみたらし団子を買って帰りました。
それで消しゴムはんこはみたらし団子です。


ぽんぽんと押してみました。

このお正月に読んだ消しゴムはんこ本は7冊。


はじめての消しゴムはんこ

はじめての消しゴムはんこ

  • 作者: 山田 泰幸
  • 出版社/メーカー: 山海堂
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本



『はじめての消しゴムはんこ』山田泰幸著 山海堂
『四季の消しゴムスタンプ』山田泰幸著 マール社
 ネットで調べているうちに出てきた消しゴムはんことは思えない美しさの作品の本。はんこという特性を活かして「色を変えて同じはんこをたくさん押す」など言われればなるほどとなるのだけど自分では思いもつかなかった作品のつくりかたが載っていました。『はじめての…』の方はお正月休みをはさんだため他の本を読んだ後でとどきました。それがちょっと残念でした。今から考えるとどちらか一冊でもよかったかも。





『かんたん、消しゴムはんこ。』津久井智子著 宝島社
 ビギナー向けということで消しゴムはんこの彫り方から写真を多用して丁寧に解説している本。しかし、彫り方と一口に言っても本によってカッターの方向すらちがうのです。まあ、作る人のやりやいようにするのが一番なのでしょう。一つのやり方でうまくいかないようなら別のやり方を試してみることにしました。

『消しゴムはんこ&スタンプアート 魔法のテクニック』スタンプカーニバル実行委員会監修 マガジンランド
 スタンプカーニバルというのが開かれているらしいです。で、この本はそこに参加するいろんな消しゴムはんこ&スタンプアート作家の作品やテクニックを紹介しています。なかなか参考になります。


とみこのはんこ ---手軽に彫っていろいろぺたぺた。消しゴムはんこで作る自分だけの雑貨たち

とみこのはんこ ---手軽に彫っていろいろぺたぺた。消しゴムはんこで作る自分だけの雑貨たち

  • 作者: とみこはん
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



『とみこのはんこ』とみこはん著 河出書房新社
 上記の『消しゴムはんこ&スタンプアート 魔法のテクニック』の中でこれはすごいと思ったとみこはんの本です。ホットケーキ素敵です。ついつい影響をうけて食べ物はんこ彫ってしまいました。しかし、何事も観察力とそれを活かすセンスが必要ですね。とみこはんすごいです。
『消しゴムはんこ 小さな絵本』しまだしのぶさく 日本ヴォーグ社
 かわいい系の消しゴムはんこ作家さんの作品集。消しゴムはんこの作品とその活用法が絵本のように載っています。やっぱりセンスですね~。7冊の中で一番かわいいです。彫り方の説明などは少なめ。


笑う、消しゴムはんこ。  かんたん、たのしい、おもしろい

笑う、消しゴムはんこ。 かんたん、たのしい、おもしろい

  • 作者: 乙幡 啓子
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2013/09/06
  • メディア: 単行本



『笑う、消しゴムはんこ。』乙幡啓子著 世界文化社
 何が笑うのかと思ったら、ダイオウイカも阿修羅像も消しゴムはんこになっていました。図案のユニークさだけでなく彫り方や、はんこが壊れた(間違えて削ってしまった)ときの補修方法など実用的なこともがっつり載っていました。

消しゴムはんこ豆本 [製本・豆本]

消しゴムはんこ豆本のレイアウト完成です。
A4裏表1枚で1冊です。イラストの部分は消しゴムはんこで一枚一枚手押しします。

20140104.jpg

内容は宮沢賢治の『注文の多い料理店』です。
文字の大きさは6ポイント。75g鳥の子和紙にプリントしました。

20140104b.jpg

なんとか字形崩れずに読めます。
4月に向けてもう一つあたためている豆本企画があるのですが、文章が決まらず。どこかに著作権の切れているいい文章ないかしら。

糊がない! [製本・豆本]

新年早々、あわせ糊を作ろうとしたら糊を切らしていました。そういえば年末に地元の文房具屋さんの前で何か足りない物があったはずと立ち止まりました。そのときは思い出せずに帰りましたが、糊だったのです。

仕方ないのでボンドで作れる箱帙を作っていました。

20140103.jpg

外はいただきもののスキバルテックスに似た素材です。

20140103b.jpg

中はこんな具合、CD(本当は画像データの入ったCD-ROM)とアルバム(右)と写真集(左)がそっくりおさまるようになっています。アルバムと写真集はまだ制作中で中身ありませんので反り返っています。パリの地図の紙を写真集の表紙に使いました。余った部分がもったいないのでつぎはぎで箱の内側などに使っています。
箱帙ももっともっとスムーズに作れるようにならねば。課題がまた一つ増えた気がします。



あけましておめでとうございます [いまここ]

本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年はばたばたしているうちに終わってしまいました。
今年はやりたいと思っていて今までできなかったあれやこれやをしてみたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

今年の年末にはatelier ROSE & SATY展も企画しております。お楽しみに~!

正月元旦からいつもどおり製本などしておりました。
大晦日から、今度の豆本には消しゴムはんこを使ってみたらどうだろうか~などと妄想が広がって、ついつい作ってしましました。

20140102.jpg

挿絵の部分を一枚に押してみました。これを実際の文章の間に押して豆本に仕立てる予定です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。